不倫に関する問題を相談するなら

不倫に関する問題を相談するなら弁護士に相談することをオススメします。
離婚したいと思うのか、不倫相手から慰謝料を取りたいと思うのかをよく考えてから相談するといいでしょう。
それに、不倫の証拠を掴みたいと考えている場合には、探偵や興信所に相談しましょう。
相談者が女性のケースでは、近所の奥さんや友だちに相談してしまう方も少なくありませんが、噂の対象になりたくないのであれば、絶対にいけません。
浮気現場の日時がわかっていると、調査が必要とする時間は減るので、それだけ調査費用が節約できるわけです。
そうはいっても、浮気をしているときが特定できているなんていっても、顔見知りにいって証拠を撮ってきてもらうにしても、成功することはほぼないはずです。
ひそかに証拠を握りたいときにはプロの探偵に調査してもらうのがベストなのです。
浮気調査の依頼をするときには、何人の調査員が必要なのかというと、調査内容によって変わってくることはありますが、2人で調査することが多いようです。
しかし、まだ浮気が確定でない場合には、浮気をしているかの確認を調査員1人で大体の場合は行います。
再度相談をして浮気調査の第一段階ですべき事は、不倫相手の存在を明らかにする事です。
浮気しているか否かが不明瞭な場合は改めて、調査を続行するか否か決めなければなりません。
証拠が揃い、浮気が間違いなくなったならば、次にすべきことは、浮気相手の特定です。
仕事先など、あなたの確認できない場面でのパートナーを調査したり、些細な痕跡も見逃さぬよう様々な方法で、不倫相手の正体を確かめるのです。
同一電話番号から電話を頻回にまた、掛けているまた掛けていたりすると浮気相手と連絡をとっているという見込みは非常に高いと言えます。
それがわかったら電話番号の主を断定することができますね。
しかし、パートナーの警戒心が強いとなると、浮気相手との電話が終わったらしっかりとその痕跡を抹消するということもしばしばあることです。
食事をした際に店で発行する領収証にはお通しの注文数から同席していた人の数が書いてある事があるので、浮気と特定する材料となります。
加えて、支払いをクレジットカードでした時は毎月きちんと目を通すようにします。
仕事でありながら宿泊先がビジネスホテルでなかったり、一人で泊まったにしては割高な宿泊費である場合には、浮気相手と宿泊したおそれがあります。
相手が全然知らないうちに、誰が見ても明白な浮気の証拠を手に入れるには、しっかりした機材と技術が必要になります。
浮気現場をせっかくカメラで撮影しても、顔が見分けられないような露出不足だと証拠とは認められません。
浮気を探偵に調査してもらうなら、用途に適するサイズのカメラも用意し相手が気づかないうちに顔がはっきり判る写真を撮ることができます。
立ち寄る場所がわかる機械を利用して、良く行く場所を調べて、良く見える場所で観察し続けると、必ず相手はやってくるはずなので、その実態を把握することは可能です。
懐具合が心もとないときには、GPSの機械で所在を調べるのも、方法の一つです。
GPS装置がつけられていることがわかってしまう事もあります。
探偵が使う追跡グッズというものは、 自分でも買えるのかと言われたら、購入することが可能です。
追跡グッズは、GPS端末を一般に使うことが多いのですが、これはいかなる人でもネット等で購入可能です。
車に載せてあるGPS端末は、本来、車の盗難されたときのために付けておくものですので、いかなる人でも購入できるのは当然です。
パートナーが浮気していると分かっても今後も、パートナーであり続けたいのなら昔でいう「逢瀬」の場に、勢い込んで行くのはやらないほうが無難です。
パートナーを裏切ったことがバレた途端に配偶者が浮気を正当化したり、逆上してしまい、かえって、離婚という結果を招いてしまうことがあるでしょう。
それだけでなく、あなたのパートナーと通じていた相手と言葉を交わしてしまうと精神的に追い詰められてしまうかもしれません。